【アーカイブ】【小石川後楽園】紅葉を見に行こう!遊園地もいいけど300円で楽しめる庭園散策はいかが?

アーカイブ

【 この記事はアーカイブされており、情報が古くなっている可能性があります。】
後楽園のすぐそばに位置し、初めて訪れることになったこの場所は、紅葉の美しさに加え、池や昔ながらの橋、鯉や野鳥といった自然を身近に感じながら、静かなお茶の時間も楽しめる都心でありながら隠れ家的スポットです。

pc050096

pc050168

小石川後楽園に訪問直前まで、東京ドームホテルのビュッフェ『リラッサ』で満腹。

知ってましたか?都内に『小石川』と名の付く大きな自然施設は2か所あります

小石川後楽園への訪問は、東京ドーム近くの『リラッサ』での充実したビュッフェ体験の直後でした。

東京には「小石川」と名付けられた大自然の場所が2箇所あることをご存知でしょうか。
一つは教育と研究を目的とした小石川植物園、もう一つが歴史ある大名庭園である小石川後楽園です。

一般には「小石川植物園」の名で呼ばれ親しまれており、植物学の研究・教育を目的とする東京大学の教育実習施設です。 この植物園は日本でもっとも古い植物園であるだけでなく、世界でも有数の歴史を持つ植物園の一つです。

『小石川植物園公式ホームページより引用』

小石川後楽園

東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園。江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。

『小石川後楽園wkipediaより引用』

入場料は

・小石川植物園 400円

・小石川後楽園 300円

です。どちらもとてもリーズナブルに楽しめますね。

 

pc050116

 

pc050131

pc050134

 

それでは江戸時代水戸徳川家の庭園にタイムスリップ!

今回私が訪れたのは、国の特別史跡及び特別名勝にも指定されている小石川後楽園。入場料も300円とリーズナブルで、江戸時代の水戸徳川家の庭園へとタイムスリップするかのような体験ができます。

当時から変わらず設置されている立派な門構え

 

pc050098

pc050101

さすが元は大名の所有物だった庭園だけあって豪華なゲートです。権力の象徴。大名とはいえ個人の所有物だったとは思えませんね。

ちなみに庭園内に入らなくても紅葉は楽しめます。外でカメラを構えている人もたくさんいました。

pc050086

pc050067

 

庭園内案内図

pc050105

東京のど真ん中ですがかなりの広さです。のんびりぶらぶら歩くとなると一時間では到底回り切れません。雨上がりの翌日はどは少し地面がぬかるんだりするかもしれません。落ち葉も重なり合うと滑りますしね。この日はなかなかの好天でした。

 

 門の先にチケット売り場やお土産店、小料理屋さん?があります

pc050116

チケット売り場

 

pc050125

土産店

 

pc050123

涵徳亭(かんとくてい)

涵徳亭(かんとくてい)は基本予約制ですが、空き部屋があれば予約なしでも入れるようです。私も入ろうと思いましたが、午後の部が17時からということで時間が合わなく諦めました。

公式ホームページでは小料理屋ではなく、集会場として記載されていました。確かに所有物の敷地内だとしたらお店というより集会場なのでしょう。

そう言われるとむしろのぞいてみたくなりますね。

● 集会場(涵徳亭(かんとくてい))

○利用時間

昼の部(12:30~16:00)

夜の部(17:00~20:30)

※昼の部・夜の部の通しでのご使用も可能です。

○利用人数

5名様以上からご利用いただけますが、ご使用人数に応じたお部屋をご案内させて頂きます。

公式ホームページ『施設について』より引用

施設について|小石川後楽園|公園へ行こう!

※利用には細かい決まり事があるようなので利用されたい方はぜひ公式ホームページを参照してください。

 

お手洗いについて

広さの割りにはお手洗いが少なかったように思います。ただ、激混みになるような場所ではないので行列は見ませんでした。

 

客層

客層はツアーらしきお客さんはそれほど見かけなく、2、3人~4、5名のカップル、グループが多かったように思います。外国人の方もちらほら。場所的なものだと思いますが、みなさん落ち着いて紅葉を楽しんでいる方ばかりでした。年齢層は高めな印象。

pc050127

庭園内の紅葉と豊かな自然

東京のど真ん中とは思えない風景の数々です

どこぞの田舎のようにも見えますが、東京ドームの近く、後楽園遊園地のすぐ隣にこんな自然があるのは発見でした。

pc050154

pc050158

pc050148

pc050152

pc050166

pc050206

pc050197

pc050189

pc050136

pc050250

pc050252

pc050144

pc050212

pc050213

pc050216

pc050165

 

pc050191

pc050157

pc050179

pc050200

 

 

実は都心部なんです!を感じさせる写真

景観を損ねてる?!その1

やはり自然に囲まれているとはいえ、都心の公園なのでそれなりに舞台裏のようなものが写ったりします。これはこれで成立していると思うのですがちょっと注目してみました。

まずはこちらの写真です。

pc050170

pc050147

ビルディングと自然のコントラストが魅力的ですよね。こちらから見えるということはあちらからも見えるはず。きっと癒されることでしょう。うらやましい。

景観を損ねてる?!その2

そしてこちらの写真。

pc050139

pc050141

東京の中心にいながらにして、紅葉や豊かな自然の風景を満喫できる小石川後楽園。その一方で、周囲のビルディングや東京ドームといった都市の要素も見受けられ、自然と都市開発が織り成すユニークな景観を楽しむことができます。

散策を終えて

都市開発が進む中で時間が止まった空間

このような静寂が漂う、時間が凍りついたような空間で過ごす時間は、まるで現代の喧騒から一歩離れた別世界にいるかのようでした。

散策をしながら、あるいはふとした瞬間に立ち止まって周囲を眺めることで、都市生活の忙しさを忘れ、内面の平和と静けさを取り戻すことができます。

それは小石川後楽園が提供する、他では味わえない独特の魅力であり、この場所の大きな価値の一つです。

さらに、この歴史ある庭園を訪れることは、日常のストレスから解放され、自分自身と向き合う貴重な機会を与えてくれます。

緑豊かな自然の中で深呼吸をする度に、都会の生活で感じる疲れがじわじわと癒されていくのを感じることができます。
そんな癒しの瞬間を提供してくれる小石川後楽園は、訪れる人々にとって心のオアシスとなっています。

そして、そこには自分だけの時間を過ごし、日々の生活に新たな活力を見出すチャンスがあります。一人で静かに歩くことで、思考を巡らせたり、心を落ち着かせたりすることができるのです。

そのため、次にこの場所を訪れる時は、一人でゆっくりと時間を過ごし、小石川後楽園のさらなる魅力を発見してみたいという期待を強く抱かせてくれます。

この庭園は、訪れるたびに新しい発見と心の安らぎを提供してくれる、そんな特別な場所です。

小石川後楽園

都営地下鉄大江戸線「飯田橋」(E06)C3出口下車 徒歩3分
JR総武線「飯田橋」東口下車 徒歩8分
東京メトロ東西線・有楽町線・南北線「飯田橋」(T06・Y13・N10)A1出口下車 徒歩8分
東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園」(M22・N11)中央口下車 徒歩8分

公式ホームページより引用

住所:東京都文京区後楽一丁目(クリックすると地図が開きます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました