【桜満開2017】浦安の花見をコースで満喫。風呂付で買い出し・トイレ・安全!【首都圏から1時間以内】

スポンサードリンク
Pocket

花見+お風呂のお勧めコースを紹介します。花見の後はやっぱりSPAでしょ!花見の場所は新浦安。ポイントは花見会場の利便性と安全性、SPA施設への連携の良さ!

私たちには毎年恒例のもはや儀式のような穴場コースです。花見会場は運が良ければ?イスとテーブルもその場で確保できます。

【今回の主な流れ】
イオン新浦安店で買い出し

徒歩移動10分

美浜公園で花見

徒歩移動10分

ユーラシアの送迎バス集合場所

バス移動(無料)

SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア日帰りSPA
※前日までににクーポン申し込みは済ませておく

駅までの送迎(無料)

解散

費用は買い出し(飲食費)+日帰りSPAで一人当たり5,000円といったところ(交通費は除く)。買い出しを抑えることでかなり変わります。私たちはとにかく買い過ぎました(笑)でも、かなり満足度は高いです。ではレポートです。

Contents

全て揃った花見の穴場スポット美浜公園

ディズニーリゾートの舞浜駅の隣が新浦安駅

新浦安駅は、隣の駅のディズニーリゾートの舞浜に行くくらいの距離感で考えてもらえばいいです。この時点で「遠いからNG」と思う方は無理かもしれません。

具体的な乗り換えはYahoo!乗り換え情報などで検索してみてください。

主な場所からのアクセスは以下です(キャプチャー)。
※設定を『土曜日の8時出発』に固定しています。乗り換え、出発時間などはそれぞれなのでその都度調べてください。

主な駅からの所要時間(参考)

東京駅から19分

東京駅の京葉線ホームは思っている以上に遠いです。在来線からの移動はエスカレーターに途中50mの動く歩道が3連続他あります。何より京葉線・武蔵野線(乗り入れ)のホームはなんと地下4階。時間に余裕を持っておいた方がいいです。

上野駅から41分

※東京駅での京葉線・武蔵野線(乗り入れ)乗り換えの注意事項は上記の東京駅に書いた通りです。

新宿駅から47分

※東京駅での京葉線・武蔵野線(乗り入れ)乗り換えの注意事項は上記の東京駅に書いた通りです。

池袋から50分

※東京駅での京葉線・武蔵野線(乗り入れ)乗り換えの注意事項は上記の東京駅に書いた通りです。

渋谷から50分

※東京駅での京葉線・武蔵野線(乗り入れ)乗り換えの注意事項は上記の東京駅に書いた通りです。

事前に用意して持参するもの

・敷物
必須アイテムですね。今どき100円ショップでも手に入りますので必ず持参しましょう。最悪、駅やコンビニで新聞を買うのもアリです。ま、コンビニがあるなら敷物も売っていると思いますが。

・人数に合わせた保冷バッグ
今回は6人で花見をしましたがボストンバッグ並みの保冷バッグを用意しました。大人数で大きなバッグの場合、それを持つ腕力自慢なメンズもかかせません。

・マスク
花粉が多く飛ぶ季節なので花粉症の方、心配な方は必須ですね。

・ポケットティッシュ、ウェットティッシュ
トイレはあってもトイレットペーパーが必ずあるとは限りません。食事中も色々こぼしたりもするので持参したいところ。

・折り畳み傘
まだまだ天候が不安定だったりします。私はどんな日でもバッグに年中忍ばせています。

・ホッカイロ
寒い!って思った時には手遅れなので心配な方は持参しましょう。

・ひざ掛け
ホッカイロに同じく必要な方はあったら助かります。むしろ、ホッカイロよりも寒いときは役に立ちます。

・スマホバッテリー
とにかくパシャパシャ撮りまくるのであっという間にバッテーリーがなくなります。できればあった方がいいでしょう。

・胃薬他
食べ過ぎ飲み過ぎに対応した薬は持っていて損はないです。今回も活躍しました。

他、割りばしや紙コップ、紙皿は買い出し時に手配します。

新浦安駅に着いたらまずは買い出し

駅前のショッパーズ新浦安・イオン新浦安店へ向かいます

新浦安駅に着いたら駅前のイオンへ向かいます。イオンはどこも大きな店舗が多いですが、こちらのイオン新浦安店もかなりの売り場面積です。

花見の食料・飲み物を買いだしするには最高のお店です。飲み物、総菜、デザート、お刺身、なんでも揃います。住みたいぐらいです。たくさんの商品の中からお気に入りを選ぶ作業は人数が多いほど楽しいです。

コンロなどは使用できるか不明ですが、今まで使用しているグループを見たことがないので控えた方が良さそうです。

6人分、買って買って買いまくったら2万円超えてしまいました(笑)買い物かごにして5カゴ。

イオンを出る前に忘れてはいけないアイテム

お刺身など生ものがある場合

レジ横にドライアイスマシーン?があります。これはレジでドライアイス用のコインを受け取って使用するものです。

生ものがある場合、ぜひ利用しましょう。隣には保存用の氷マシーン?(1人一袋)もあります。

使い分けですが、ドライアイスは溶けても水にならないのでお刺身など、氷は溶けて濡れても大丈夫なドリンク系に使用しました。

敷物だけでは冷たいので段ボールを利用する

地面に敷物を敷くにしても、公園のイスを使うにしてもこの季節はお尻が冷たいです。段ボールを敷いた上に敷物を敷けば完璧。温かさすら感じます。

ちょっと荷物にはなりますが、あったら絶対便利です。私たちは忘れず持っていきます。

それでは美浜公園に向かいましょう。イオンを出てだいたい10分程度で到着します。横断歩道が3か所、曲がり角は2か所です。

イオン新浦安店を出て美浜公園に向かう

イオンの正面入り口を出て右に進むと横断歩道

この横断歩道を渡りましょう。ここで後ろを振り返るとこのような風景です。イオンの端っこです。

横断歩道を渡ったら左に曲がりしばらく大通り(国道276号線)沿いを歩きます

ちなみに横断歩道を渡ってすぐのこの場所には花見後戻ってきます。目印はこのよくわからないオブジェ。

しばらくまっすぐ歩きますよー。

京葉線の下をくぐります

この先に見える横断歩道を渡ります

それでは横断歩道を渡りましょう。

横断歩道を渡ると角には小さな作り物の池みたいなものがあります。

横断歩道を渡ったら右に曲がります

もうあとはまっすぐ行くだけ。

美浜公園に到着する直前に浦安警察署があります

美浜公園は浦安警察署前から徒歩10秒といったところ。何かあっても安心。

美浜公園に到着

お疲れ様でした!ここが毎年通っている穴場スポットの美浜公園です


入り口です。

公園に入ってすぐ左がトイレです

もちろん水洗で、この日はトイレットペーパーも完備されていたとのこと。

で、今年の残念なお知らせ。

開花状況:今年は訪問が早すぎた!

薄々気が付いてはいましたが、前々から入れていた予定日なので日にちをずらせませんでした。2分咲きしてるかどうか。

でも、トップ画の写真は今回撮ったものです。所々は咲いているんです。そこをアップにして撮影するとそれなりに写るんですよね。うーん、やっぱりつぼみが多いか。

ただ、早めに来たからこそ、これから花見を予定している人にはお勧めできるというもの。
まさにこれからが超見ごろ。

ってことで、

過去の写真をご覧いただきましょう。

過去の美浜公園花見

満開の桜はモコモコ感がいいですよね。散り桜も好きですが、モコモコ桜はやっぱり最高。

それでは今一度2017年に戻ります。

親子で遊べる広場あります

かけっこし放題です。

ちびっこたちの遊具もバッチリ

大人はコチラで腹筋を鍛えてもいいかも?

そして今回はフライングだけにテーブル席を余裕でゲット

セッティング準備としてまずは段ボールを敷きます。これでお尻はポカポカです。

全員の荷物は一か所にかためる

テーブル席がゲットできたので敷物は荷物置き場にしか使いませんでした。テーブル横の一か所にかためて置いて、一本の紐で手提げ部分を通して輪にして結びます。いざという時の防犯用ですが、本日の関してはあまり意味はありません(笑)

セッティングが整ったところで花見を開始です。花ないけど花見?ん?(笑)

さて始めましょうか!

イオンの総菜やら手作り桜餅やら持ち寄ったものを食べる

手前の焼く前のハンバーグのようなものはイオンで買った鯵のたたきです。これ、美味しかったぁ。ほぐすとかなりの量だし生臭さゼロでした。生姜醤油でいただきました。

焼鳥のドアップ

デザートも買ってきました。

それしても咲いていない。天気も良かったのにもったいない!あと数日後には素晴らしい景色になることでしょう。

さてさて撤収の儀です。ゴミは袋に入れて持ち帰ります。園内にゴミ箱もありますが、ボリュームが凄いので車で来た仲間のトランクに積みます。

それでは花見を満喫したという体(てい)本命?!の場所に向かいますよ。

スパ&ホテルの舞浜ユーラシアに向かいます

花見が終わったら次はお風呂

花より団子よりもさらに上を行く、『花より団子より風呂』な私たちです。今回もお風呂は大本命

最大のメリットは美浜公園からの利便性。

美浜公園を出て、イオンの方へ戻る形で徒歩10分程度。舞浜ユーラシアのシャトルバスが来る停留所があります(無料)

この美浜公園➡舞浜ユーラシアへの接続の快適さが毎年の恒例行事になっていて、絶対お勧めできる理由です。どうです?花見後のお風呂。いいですよー!酔っぱらいはNGですけど。

スパ&ホテル舞浜ユーラシアとは?

公式ホームページはコチラ

ベイエリアを一望できる景色も抜群のSPA施設が充実したホテルです。ポイントは日帰りでお風呂が利用できるところ。

一般的なお風呂はもちろん、サウナも1種類ではありません。私のお気に入りは塩で入るサウナ。体にごしごし塗ると汗がみるみる出てきます。

ドーム風呂はぬるめで長時間入るのにもピッタリ。

泡ブクブクのジャグジーもあって、寝湯もできたり。

あと、かなりポイントが高いのは、体を洗う時に使用するシャワーが自動で止まらないところ。施設によっては10~20秒くらいで止まりますよね。あれがないんです。

ディズニーリゾートが近くにあるので、露天風呂ではアトラクションの音なども聞こえてきます。

岩盤浴もあります。自分が溶岩ステーキになるやつです(笑)予約制で別料金ですが、全身を遠赤外線で温められる心地よさはまさに至福ですよ。

更に素晴らしいのはディズニーリゾートの花火を足湯をしながら屋外で見れたりします(5階)。外は寒いけど足湯をしながらだと全身も温まります。

とにかく最高の癒しスポット

もう何度となく利用しています。

ただし、クーポンを使うことを超絶お勧めします。圧倒的に値段が違いすぎます。

クーポンを使うと一般入浴料より更に安いお値段入浴+岩盤浴が両方楽しめたりします。

その時にベストなクーポンがあるのかは運もありますけどね。

asoview!でクーポンを予約する


今回、asoview!(アソビュー)の舞浜ユーラシアの平日限定クーポンで入浴料+岩盤浴が約半額になりました。

 一般料金(税込み)
大人 平日2,060円(土日祝2,570円)

岩盤浴(税込み)
大人 平日1,030円(土日祝1,030)

合計:3,090円(土日祝3,600円)

asoview!は急成長している徹底的に遊びをクリエイトする予約サイトです。

少しポンパレホットペッパーに似ているかな。

掲載プラン数15,000以上!その一つに舞浜ユーラシアがあります。

asoview!(アソビュー)
大人 平日限定
一般料金+岩盤浴=1,550円3,090円(通常価格)-1,550円(asoview!価格)=同じプランが1,540円引き!

ほぼほぼ半額です。利用しない手はありません。

※ちなみに土日祝日であっても追加510円現地払いでクーポン利用できます。その場合は1,030円引きで2,060円となります。

購入は一人4枚までだったので、仲間の一人が4枚、私が2枚で計6名分購入しました。前日ギリギリでしたが、今回利用できなくても利用期間は3か月猶予があるので安心です。

購入時のキャプチャー画面がコチラ。

asoview!(アソビュー)の公式サイトはコチラ。

美浜公園を出て舞浜ユーラシアのバス停へ向かいます

さようなら美浜公園!また来年ね!

無料シャトルバスの停留所は、来るときにイオンを出てすぐに渡った横断歩道のところです。なので、

来た道を全く同じように戻るだけでOK

シャトルバスの時刻表

朝10時から23時まで一時間おきにあるのでわかりやすいです。田舎のバスよりも断然本数が多くてかなり便利。都合に合わせて利用しましょう。当然ですが全て舞浜ユーラシア行きです。

では、美浜公園を出て、右に曲がって浦安警察署の前を通り少し歩きます。

来るときに見た池みたいなのがある横断歩道まで来ました。

来た道を戻るだけなので、左の横断歩道を渡ります。

またまた京葉線の下を通って、

お、イオンが見えてきました。

シャトルバス停留所に到着

丸の場所がバスの到着位置です。歩道橋の手前くらいですね。目立った看板など何もないので見逃さないようにしてください。

拡大するとこんな場所です。

で、シャトルバスが到着しました!ここです、ここの位置です。

ラクダのマークが目印です。

 舞浜ユーラシアに到着

大体15分くらい乗ったでしょうか。実は途中の道でも桜が咲き乱れる場所(桜並木)が見れるのですが、今回はまだ早すぎなので撮影しませんでした。

満開時期でしたら外を見ていると必ず目に飛び込んでくるはずなのでチェックしてみてください。

さて、受付は3階なのでエスカレーターかエレベータで向かいます。

外を見るとマリーナな風景がとても新鮮です。

館内の撮影は上記の画像の黄色いポスターでも固く禁止されているため写真はここまでです。

かなり思い切りお風呂を満喫しました。何しろここを出たのは22:30発(最終)のシャトルバスだったので。

で、

毎回身内で誰かしらに起きる珍事があります。自分への注意も込めてここに記します。

ここに気を付けて

下足ロッカーがあります(コイン不要のタイプです)。このカギを毎回誰かしらどこにしまったのか忘れます(笑)

大浴場のロッカーは腕にするバンドタイプなので忘れませんが、下足ロッカーのカギはバッグにしまった上で自己管理です。

必ず、どこにしまったのか、どこのポケットに入れたのか覚えておきましょう。もしくは代表者が預かって管理してもいいかもしれません。

下足ロッカーは帰りまで用がないため、不明が発覚するのも帰る直前なんですよね。帰りのシャトルバスの発車時間もあるのでぜひお願いします。

ちなみにどこのカギでもなくした場合は一律3,000円負担させられます。

帰りのシャトルバス時刻表

お疲れさまでした!

結局シャトルバスの最終22:30までお風呂と二次会を満喫しました。お風呂は3回ほど入りました。岩盤浴はオプションなので1度です。

19時過ぎくらいになるとディズニーリゾート帰りのお客さんらしき人が増えます。

帰りのシャトルバスも舞浜駅で降りるとディズニーリゾートのお客さんたちでごった返しています。なので、私たちは舞浜では絶対おりません(笑)

帰りは浦安駅で降りました。ここは駅まで2、3分のところです。

シャトルバスが来た方向に30mほど歩いて右に曲がれば浦安駅です(雰囲気でわかります)。

ということで、今年も満喫しまくった花見でした。実は舞浜ユーラシアは花見と関係なくても行っているんですけどね。

で、一人はポケモン探しに電車に乗らず徘徊を始めました(笑)何時に帰ったんだろ。そういえば美浜公園でも探していたような。

今、浦安はポケモンが熱いらしいです。

では。

今回の出費

◆買い出し:20,887円
1人3,482円(+残ったお持ち帰りたくさん)

◆舞浜ユーラシア:1人1,550円

計:3,482+1,550=1人5,032円

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする