【クリスマスはケンタッキー】オリジナルチキン1羽全部は5種類9ピース!肉の特長や重さを検証してみた

スポンサードリンク
Pocket

一度やってみたかった!ケンタッキーのオリジナルチキン全種類の重さを計る。1羽のオリジナルチキンは全部で5種類9ピースです。奇数になるのはキースという胸肉が左右がなくて1ピースだから。他は4種の部位が左右分(4種×2<左・右>)で8ピース。合計9ピースです。

Contents

この機会に1羽丸ごとの9ピースバーレルを食べてみよう

11種類のハーブ&スパイス。食べたくなるなるケンタッキー

食べない期間がしばらく続くとなぜか食べたくなりますね。オリジナルチキンの禁断症状は周囲でもよく聞きます。

きっとこれは万国共通でしょう。

ましてやそろそろクリスマスも近くなってきました。ケンタッキーの需要は年末にかけてドンドン増しますね。

CMでは一年を通して新しいテイストのチキンが宣伝されます。しかし、やはりというか、オリジナルチキンを超えるものはないです。

フライドチキンの日記念で11月16日~11月22日まで1羽分のオリジナルチキンを割安セット売り!

昨年もあったフライドチキンの日記念のフェアです。
※“フライドチキンの日”については記事の後半に書きました。

1羽から調理されるオリジナルチキンは5種9ピース。その1羽分が税込み1,900円で発売です。1週間という短い期間なので、気になる人は早めにゲットした方が良いでしょう(今日で終わりだけど!)。

通常オリジナルチキンの価格は以下の通り。

1ピース ¥250
2ピース ¥490
3ピース ¥740
4ピース ¥980
5ピース ¥1,230
6ピース ¥1,470
7ピース ¥1,720
8ピース ¥1,960
10ピース ¥2,450
12ピース ¥2,940

公式サイトメニューより

9ピースの価格は表にはありませんが、8ピース1,960円に1ピース250円をプラスすると“2,210円”

今回の9ピースバーレルは1,900円なので310円のお得です。しかもカウンター在庫の都合関係なく、1羽フルのパッケージなので“意外な部位が複数入っていた”などの意気消沈?がありません
※実際は適当にパッケージしているわけではありません。これについては記事の後半に書きました。

【イラスト・画像付き】オリジナルチキンの部位別の違いを検証してみよう!

はい、イラストと言ってもこんなイラストで、文字は手書き。

細かい感想は抜きにしてシンプル・イズ・ベストということで許してください。

この9ピースがケンタッキーオリジナルチキンの部位の全てです。

キールというのは頭っぽく見えますが“むねのお肉”です。単一。

リブというのは“あばら部分のお肉“です。左右あり。

ウイングはその名の通り“手羽”です。左右あり。

サイ“腰の部分のお肉”。左右あり。

ドラムは形からよくみなさんご存じの“脚のお肉”です。左右あり。

それでは各部位を検証していきます。

左右あるものは入っている左右分の2ピースが同じチキン由来という訳ではありません。なので、左右で重さや形の差はあります。

なぜなら、

ケンタッキーでは1羽のチキンをさばいては揚げているわけではないので。

パーツの種類と数としては全部揃えて販売しますというのが9ピースバーレルです。

それをケンタッキー公式サイトではこのように記載しています。

※部位の組み合わせは異なる場合があります。

これを「なんだ、結局ごちゃまぜの9ピースなのか」と解釈する人がいるようです。➡私の友人

それは違いますよー

各部位を上から順番に計測&チェック

キール むね肉。しっとり柔らかく小さな軟骨以外お肉です。

コロンとした印象の部位。サイと見間違うこともあります。

むね肉というとパサパサして美味しくないという人もいます(喉下のお肉で完全なむね肉ではないらしい)。

ケンタッキーは“圧力釜で煮る”、いえいえ、“圧力釜で揚げ”ています。そのおかげでしっとり柔らかく仕上がっています。

キールは脂身がほとんどないですが、淡白な味わいでささ身としても美味しいです。さっぱりといただきたい方や、たくさん食べたい方にいいかも。

ちなみに、

骨なしケンタッキーむね肉から作られています。お家で作るむね肉のから揚げは評判が悪かったりします。ケンタッキーのむね肉は安定の部位なんですね。

計測結果

この時の全体の重さ103g

残った骨(軟骨)4g

99g可食部でした。手にしているほとんどが食べれるというのは、満足感がありますね。

ということで、

キールは殆どがお肉です。小さな軟骨が残るだけです。人によっては軟骨も食べてしまうでしょう。そういう人の場合、ほぼ完食できるフライドチキンです。

ウイング 手羽。他に比べて骨が多いけどその分味もあります。コラーゲン豊富なのも特徴。

1羽から2ピースとれます。

ウイングA

ウイングB

形に特徴があるので他の部位と間違えることはないでしょう。

ついているお肉は控えめですが、肉の味が濃くコラーゲンも豊富です。

美容を意識する人にはお勧めの部位ですね。

私はボリュームがないということで入っていてそれほどうれしい部位ではないです。

計測結果

この時の計測結果

ウイングA:84g
残った骨は16g
可食部は68g

ウイングB:86g
残った骨は17g
可食部は69g

ウイングはサイズも食べれるお肉も少ないけど、美容要素を含んだ部位。

リブ あばら。皮が美味しい。骨の周りも美味しくいただけます。ジューシーで人気の部位。

1羽から2ピースとれます。

リブA

リブB

人気の部位ですね。むね肉の下のあばら肉です。

見た目はサイやキールと間違えそうになることもあります。

しかし、裏側を見ると骨やレバーなどの“あばら感”があるので間違えません。

皮が美味しいです。お肉もパサつき感が少なく美味しいです。

裏側には内臓が付着していたりしますが、高圧の油で揚げているため生臭さは一切ありません。

ちなみに私はレバー大嫌いです。

計測結果

リブA:117g
残った骨は34g
可食部は83g

リブB:121g
残った骨は21g
可食部は100g

AとBで元のサイズと骨の比率が違うのは、恐らく裏側についている内臓の量の差です。

大きさも味も満足度が高い部位です。皮が美味しいのもいいですね。

最も皮が美味しいのはサイで、それで言うとやはりリブ<サイであるのは間違いないです。

お肉を食べた後の骨があばらだけにチキンぽいです(笑)

サイ 腰。ケンタッキーって旨い!の代表的な部位。皮も肉も美味しく楽しめます。

1羽から2ピースとれます。

サイA

サイB

ケンタッキーの一番人気といえばやはりサイじゃないでしょうか。

サイという名前を知らない人でも、三角で大きくて皮がたくさんついているやつ!と、部位の特徴で説明してくる人もいます。

腰の部分のお肉でパサつき感はありません皮もお肉もジューシーで最高です。
どちらかと言えばギトギトしているので、それが嫌だという人も中にはいるかもです。

少な目のピースで注文した時にサイが入っているとうれしいですよね。子供にも大人気の部位です。

計測結果

サイA:104g
残った骨は22g
可食部は82g

サイB:120g
残った骨は30g
可食部は90g

サイはオリジナルチキンの中で大きくて美味しくて一番お得感のある部位です。

入っているかどうかは運次第な感じもありますが、実はちゃんとルールがあるんです。そこについては後の方に書いています。

ドラム 脚。鶏肉として絵になる部位。唐揚げでお馴染みの食感です。旨い。

1羽から2ピースとれます。

ドラムA

ドラムB

持ちやすくて脚肉なのでジューシーで美味しいですね。

骨からの身離れもよくプリンッとしています。

キール、リブ、サイに比べるとお肉のボリュームはありませんが、ケンタッキーでは人気の部位です。

中学生のころ飼っていた犬にドラムの骨をあげたことがありました。彼は上手に食べましたが、本当は控えた方が良かったんです。

なぜなら、

鶏肉の骨は折れると斜めの断面になります。

斜めに折れて鋭利になった鶏の骨は、消化器官を傷つける可能性があります。

そんなこと知らなかったなー。

計測結果

ドラムA:77g
残った骨は22g
可食部は55g

ドラムB:84g
残った骨は25g
可食部は59g

他に比べるとお肉の量は少ないですね。その分を味と食感でカバーした部位です。

ケンタッキーってドラム以外は持つ場所に迷うことがあります。その点ドラムは食べやすい形なのでその辺も人気の要因かも知れません。

1羽分9ピースのオリジナルチキンの検証結果を総括

1羽分の重さは約900g お肉だけの重さは約700gでした。

初の1羽まるごと食べる機会は貴重でした。これだけ楽しめて1,900円はお得でした。検証結果を表にしてみました。

キールは単独のお肉です。他は左右で1ピースずつ存在します。販売されるチキンは左右分が同じチキンとは限らないのでサイズも重さも違います。

同じチキンじゃないし、部位のさばき方によっても若干の差は生じるでしょうね。

このピースごとの検証、

日頃気にはしていませんでしたが一度やってみたかった検証でした。

オリジナルチキン1羽分の部位別お肉の重さと割合

  部位名  食前 食後(骨) 肉だけの重さ 肉の割合
1 キール 103g 4g 99g 96.1%
2  ウイング  A 84g 16g 68g 80.9%
B 86g 17g 69g 80.2%
3  リブ  A 117g 34g 83g 70.9%
B 121g 21g 100g 82.6%
4  サイ  A 120g 30g 90g 75.0%
B 104g 22g 82g 78.8%
5  ドラム A 77g 22g 55g 71.4%
B 84g 25g 59g 70.2%
合計   896g 191g 705g 78.7%

100g当たりの価格を計算してみました。

1羽896gの100g当たりの価格は約212円

肉だけ705gの100g当たりの価格は約269円

アメリカ産の牛肉くらいの価格でしょうか?

次はABのお肉を平均化(キールはそのまま)してランキングしたものを掲載します。

お肉の量順のランキング

個体の大きさに関係なくお肉が重かった順ランキングです。

キールが99gで2位を引き離してのトップです。

大きさもそこそこですが、小さい軟骨しか残らない部位なので食べれるお肉は多いです。

意外なのはウイングを下回ったドラム。持ちやすさと肉質の良さでは定評があるドラム。トップのキールとの差は40g以上です。

キール基準で言えば、キールはドラムの約1.7倍のお肉量になります。

大きさでは評判のサイも3位でした。ですが、1位~3位についてはケースbyケースで変動しそうな気がします。

  部位名 肉の重さ
1 キール 99g
2 リブ 91.5g
3 サイ 86g
4 ウイング 68.5g
5 ドラム 57g

全体のボリュームに対するお肉の割合ランキング

これは個体に対してお肉の割合がどのくらいかをランキングにしました。

こちらもキールが1位。僅かな軟骨だけなのでなんと96%がお肉

ウイングも小さいながらもお肉は80%越えと優秀です。

サイはこちらのランキングでも3位です。お肉の量も割合も安定の3位です(笑)

ドラムは肉の割合でも最下位。確かに骨はシンプルですが大きいですね。

  部位名 肉の割合
1 キール 96.1%
2 ウイング 80.6%
3 サイ 76.9%
4 リブ 76.8%
5 ドラム 70.8%

部位の当たりハズレは単なる運とタイミングなのか?

実は部位ごとにポイントがあった。

今回買った1羽分9ピース

最近は“部位を指定できる店もある”なんて聞きますが、正直申告しにくいです。そこで、購入時どの部位が来るのか、本当に運を天に任せるだけなのか?!部位が選ばれる工程を紹介します。

「なるほど!」とスッキリできる話です。後日問題も用意します。

5種類の部位は表向きそれぞれ1ピースとして扱われます。しかし、実際はそれぞれ“数値化”されていたのです。

各数値は以下です。

部位名 ポイント数
キール 1
リブ 1
ドラム 1
サイ 1.5
ウイング 0.5

ポイント数と書いていますが、ピースそのものと理解してOKです。

表向きはそれぞれ1ピースでしたが、内部的には1.5ピースのものと、半ピースのものが混在していたのです。

注目すべきは、

内部的に

サイは1.5ピース

ウイングは0.5ピース

扱い

というところ。

これを各部位のイラストに合わせてみると、

もう一度整理します。

ウイングが0.5ポイント、サイが1.5ポイント、それ以外は1ポイントです。

ウイングは確かに入っていると残念な気持ちになります。手羽の美味しいお店なら納得の手羽ですが、ケンタッキーでは他の部位の方がお得感を感じます。

その点サイは1.5ポイントの評価通り美味しい部位ですね。

ところでサイがどこか気が付いていましたか?

上に書いた通り、腰でしょ?っていうのは確かにそう。

腰なんです。腰なんですけど、日頃食べ馴染んでいる部位なんですよね。

持ちやすいドラム”と関係が深い部位です。

このイラストを見たら即解決。

これです。

そうなんです。

最近はスーパーのお惣菜でもよく見かける、チキンレッグの大きい食べごたえのある場所、それがケンタッキーのサイだったんです。

チキンレッグもケンタッキーのサイも知っているけど同一だったか!というね。私は人の顔と名前が一致したようなスッキリ感がありました。

1.5ポイントっていうのも納得。

部位別ポイントの活用方法

さて、実際にこのポイント差をどう利用して使うかです。

例を出すとわかりやすいです。

例:お客さんからオリジナルチキン3ピースの注文が入りました。

この時にお店側は個数3ピース、合計ポイント3になるように提供します。

もう一度表を見てみましょう。

部位名 ポイント数
キール 1
リブ 1
ドラム 1
サイ 1.5
ウイング 0.5

ポイント数と書いていますが、ピースそのものと理解してOKです。

注文は3ピースです。組み合わせを検証します。

キール1、リブ1、ドラム1で合計3ピース3ポイントなのであり。

キール1、リブ1、サイ1.5は合計3ピース3.5ポイントで0.5オーバーなのでアウト。

キール1、リブ1、ウイング0.5は合計3ピース2.5ポイントで0.5足りないのでアウト。

ドラム1、サイ1.5、ウイング0.5は合計3ピース3ポイントなのであり。

他にも組み合わせはありますが、要領はわかっていただけたのではないでしょうか?

こういうことだったんです。

見方を変えるとサイは必ずウイングとセットで販売されるということになります。0.5ピースごとの販売はないので。

以上になりますが、お客さんの強い要望により異例の場合もあるのかもしれません。

部位が選べるという噂は本当か?

上で書いたポイントのことを踏まえるとこの話もスッキリします。

部位が選べる条件は1ピースのみの注文の時。

選べる部位は3種類から。

もう分かっちゃいました?

そう。

1ピースの注文➡1ピースで1ポイントのチキンしか選べない。

つまり、

部位名 ポイント数
キール 1
リブ 1
ドラム 1
サイ 1.5
ウイング 0.5

ポイント数と書いていますが、ピースそのものと理解してOKです。

キール、リブ、ドラムからなら選んでいいよと言うことなんです。

これはケンタッキーのルールにも沿った選択だったんです。

サイ、ウイングでは過不足になるため自動的に選択から外れます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする