【門前仲町】叙香苑(じょこうえん)で日本の定番しょうが焼き定食を食べる

スポンサードリンク
Pocket

おそらく中国にしょうが焼きなるものはないのだろう。なぜなら日本のしょうが焼きそのものだったので。日本人に合わせたメニューとして提供しているに違いない。オリジナリティにはかけるが、普通に美味しいってことです。

前回の叙香苑はこちら
【門前仲町】叙香苑(じょこうえん)美味しくてボリュームたっぷりな庶民の中華料理。2016年12月ランチで訪問。 ・五目野菜炒め定食 ・酢豚定食

本日は日曜日のためランチメニューはありません

ランチ時間以外の定食はだいたい+50円(お代わり有料)

平日、土曜日と11時~14時30分までがランチタイムです。本日はグランドメニューからの注文になります。

186番が豚バラ肉の生姜焼き800円(税込)

ほとんどランチの日にしか来なかったので日頃試していない定食をたくさん発見。しかしここは逆をついて日本的な豚バラ肉の生姜焼きを注文しました。

ちなみにランチメニューはグランドメニューからの入れ替わりがあったりします。185番の牛肉のオイスターソース850円は以前ランチでも見かけました。ランチではお代わりありの750円なので100円引き+お代わりありということになります。美味しいです。

しょうが焼きが届くまでメニューを端から見てみました。

叙香苑のグランドメニュー抜粋 2016年12月11日現在

食べ放題やってます

いまや中華街ではおなじみの中華料理の食べ放題です。ここは門前仲町ですが。

2時間で100種の料理からオーダーバイキングできるようです。私は試したことはないですが、オーダー式というのはホテルバイキングと違って楽ちんでいいですね。しかもホテルバイキングよりかなり安いです。エネルギッシュにパワーをつけたい時などにはいいかもしれません。

中華料理の食べ放題のお店の注意 叙香苑のことではないです。昔失敗したのですが、お店によっては一皿のボリュームが半端じゃありません。カップルで食べたりの場合、一皿食べきるのに相当な労力と強靭な胃袋が必要になります(体験談)。特にチャーハンなどは要注意です。結局3、4皿の料理しか食べれませんでした。少人数参加人数が多ければ問題ないと思います。

麺類

日本人にとっての中華と言えばラーメンは外せません。私は中華料理店のあっさりしたラーメンが好きです。日本のコッテコテの背油たっぷりラーメンも好きですが、醤油ベースの透き通ったスープは何度食べても飽きません。

ご飯もの

叙香苑で言う『ご飯物』とは、焼きそば、ビーフン、チャーハン、丼、おかゆと、炭水化物ベースのものを指すようです(もしかしたら全国的に?)。

上海焼きそば美味しいです。ソースじゃない、どちらかというとうっすら醤油と塩味っていうのが良いです。クックパッドの有料会員な私は家で何度か挑戦しましたが絶対同じ味にはなりません。

チャーハンは油を多めに使っていて私好みです。ボリュームもあります。

お粥をお店で食べる習慣は日本人にはあまりないかもしれませんね。風邪をひいたときに溶き卵で作ったお粥はたまらなく美味しいですけど。

点心

これも日本人が好きな中華料理の上位に入りますね。小籠包は私も好きです。絶対口の中を火傷しますけど。世間ではちょっと前に焼き小籠包なんてものも流行りましたね。餃子、春巻き、エビ餃子と一通り揃っていますが叙香苑ではまだ食べたことがありません。

豚バラ肉の生姜焼きが到着

つやつやで玉ねぎたっぷり。生姜が香ります

いいですねぇ。生姜の香りがするとホント食欲増進です。

一口パクリ。うん、美味しいけど日本のしょうが焼きと特に変わりません。ひねりようもないか。

甘辛い醤油ベースのタレと豚バラの脂の相性ってベストパートナーですからね。高温でサラっといためているせいか玉ねぎのシャキシャキ感も残っています。ご飯を豚肉で包むようにして食べればまさに至福の時。

食べるたびにタレがごはんに染みてきてさらにご飯がすすむすすむ。お代わりできないんですけどね。

日本のしょうが焼きと変わらないって書きましたが、変わらないからいいのかも。変にアレンジして失望されるよりは安定性を考えたんですかね。そこまで考えてないか。

まとめ

今回はお店より自分が勝手にぶれてしまい日本的なものを食べてしまいました。美味しいですが、直球でしょうが焼きならば、やよい軒や大戸屋のようなお店でよかったなと。

以上、簡単なまとめですが、次回の叙香苑でまたお会いしましょう(笑)

★叙香苑の住所(地図)・電話番号

タップで電話/タップで地図

中国料理 叙香苑 03-3643-2918(タップすると電話がかけられます)

東京都江東区富岡1-5-1(タップすると地図が開きます)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする