【食べ放題】【裏技で割引クーポンゲット】東京ドームホテル『リラッサ』。恒例の『北海道フェア』。カニやお寿司が食べ放題

スポンサードリンク
Pocket

もう10年以上お世話になっている東京ドームホテルの『リラッサ』。もはやホテルビュッフェの老舗と言えるでしょう。春と冬の『北海道フェア』は定番企画です。

東京ドームホテル

東京ドームホテル公式サイトhttp://www.tokyodome-hotels.co.jp/

リラッサへのアクセス JR水道橋から徒歩5分

DSC_2743

JR水道橋東口(東京ドームの反対側)の改札を出て左折です。

こちらの橋を渡りながら既に左手にそびえたつ東京ドームホテル(トップ画像の建物)が見えます。

歩道からホテルエリアに入ると、屋外のエスカレーターで直接お店のフロア(3階)へ行けます。屋外に雨ざらしでも平気なエスカレータは何気にびっくり。

DSC_2750

登り切ってホテルに入ったところがもう『リラッサ』なので迷うことはないでしょう。

3階スーパーダイニング『リラッサ』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リラッサ公式サイトhttp://www.tokyodome-hotels.co.jp/restaurants/list/rilassa/

『リラッサ(rilassa)』

イタリア語で「やわらぐこと」を意味します。英語の「リラックス(relax)」に響きが何となく似ていますね。

食事と会話を楽しむにはとてもしっくりくる意味の言葉です。

予約でなくても入店はできます。しかし、空き待ちで待たされる可能性が大なので絶対に予約がお勧めです。

北海道フェア 2016(第3弾)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎年恒例の年末に向けての『北海道フェア』は超定番。最近は春もやっています。

期間も長くて3回に分けて実施。今回はその第3弾にオジャマしました。

第3弾の実施期間は2016年12月1日(木)~12月20日(火)です。第1弾~第3弾すべてのフェアのランチとディナーにカニが登場。

ディナーにはイクラも登場。これが毎年基本な気がします。

「北海道フェア」の次はクリスマス

12月20日(火)の翌日からは、これも恒例の「クリスマス スーパーディナーブッフェ」が始まります。

実施期間は2016年12月21日(水)~12月25日(日)と短いですが、スペシャルメニューが用意されます。料金も少々お高いですが、機会があれば行ってみたいです。

実食! 90分1本勝負

それではお料理を一気に見てみましょう

本日の「リラッサ」は平日にもかかわらずやたらと混んでいました。前も中国のツアー客らしき団体と重なったことがありましたが、その時以上に混んでいました。

しかしながら、料理は充分に用意&補充されるため快適に利用できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

定番のローストビーフ。シェフがカットと盛り付けをしてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左奥のニョッキが美味しかったです。その少し右にあるのは北海道産野菜と帆立のクリームドリア(ランチ限定)で、これもお勧め。ホタテの味がしっかり出てました。

食べ放題にニョッキがあるイタリアンの食べ放題はコチラ(松戸)!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作り置きのお寿司。マグロ、イカ、サーモン、エビ。シャリ玉がかなりズッシリ来る印象。少し取ってみてお腹と相談しながら食べたほうがいいかも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正直言って年々クオリティが落ちてる気がします。昨今のカニ事情を考えたら仕方ないかもしれません。昔はタラバガニが食べ放題なんてこともありました。今年は紅ズワイです。

ちなみに、本ズワイガニお腹・脚を含めた裏側が白いです。紅ズワイは全部が真っ赤っか。
市場では本ズワイの方が高額で取引されます。

どちらが美味しいかは好みの問題で、私はどちらも好きです。

一般的に紅ズワイは水っぽいと言われています。ジューシーという言い方もできます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白玉、美味しかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リラッサのスイーツ系はみな美味しいです。

レオナルド・ディカプリオや世界のセレブを魅了したbillsのパンケーキ

料理の総評

物価の上昇と共に価格が上がるのは仕方ありません。しかしながら昔と比べると料理のクオリティは反して下がっている気がします。

それは目玉の「カニ」のクオリティが落ちたから全体をそのように感じてしまうのかもしれません。

ディナーの北海道フェアにも行ったこともありましたが、ディナー目玉のイクラはかなり塩辛いです。

個人的には、料理のクオリティを上げるための価格上昇は全然ありなんですけどね。価格をなるべく上げないで素材の質を下げる方が残念

お手洗いについて

レストラン店内にあります。とても清潔でシックな作りで申し分ありません。

むしろホテル内のどのトイレよりも使いやすいです。もしもお店を出た後だったら、お店前のエスカレータを降りた直線通路沿いの右手にあります。リラッサから徒歩1、2分です。

裏技でクーポンゲット!

JR水道橋駅(東口改札)リラッサに向かう途中のチケット屋さんがラッキーポイント

水道橋の改札を出て、小さな橋を渡ってすぐ左にチケット屋さんがあります(横断歩道を渡る前です)。

実はここに東京ドームホテルの「株主優待券」が売られていたりします。大体1枚100円。

これ1枚で1人500円の割引になります。4名まで有効です。なので4名なら

500円×4名=2,000円引きになります。これは大きい。

売り切れのこともあるのでご注意を。

ちなみに、チケットにリラッサの文字はありません。ガラスケースを覗き込んで自分で判断しないでお店の方に聞いた方が早いです。

レオナルド・ディカプリオや世界のセレブを魅了したbillsのパンケーキ

1時間おきに新しいケーキが出てくるケーキバイキングブッフェ

ニューオータニの回る大展望台(17階)で食べる最高のビュッフェはいかがですか?

リラッサ攻略の留意点

行列作って混んでいるのは最初だけ

どこのビュッフェでもそうなのですが、最初はどのコーナーも激混みです。しかしながら人の胃袋はあっという間にいっぱいになってしまうため、少ししたら行列が嘘のように消え去ります。

次々にお客さんが入ってくる食べ放題なら待ちようもないのですが、ほぼ予約のお客さんばかりなので混むタイミングと空くタイミングが一斉だったりします。

混んでいるところは後回しで空いているところからの攻略で全然OK。だだし、狙いをつけている食べ物のスペースは空けておきましょう。

なんだかんだ書きましたがリピートします

初めて行ったのは2005年のこと。その時の感動は今でも忘れません。

こんなに料理が充実したバイキングビュッフェがあるのかと。ホテルビュッフェの魅力を教えてくれたのはリラッサでした。

ホテルビュッフェめぐりのスタート地点と言えるお店です。最近ではハプナなどと並んでTVで紹介されることも増えましたね。

次こそは次こそはでまた行きます。

※この後、都会のオアシス『小石川後楽園』で紅葉を楽しみました。紅葉のバックに見える高層ビルや東京ドームが不思議な空気をかもしだしていました。