終了:【日高屋の懸賞】400店舗達成記念キャンペーン応募方法を解説【1,200名様に当たる!】

スポンサードリンク
Pocket

関東圏では一番有名なラーメンチェーン店の日高屋。お食事券や、からだすこやか茶W1ケースなどが1,200名様に当たるキャンペーンをやっています。ラーメンを待っている間にスマホから簡単に申し込めました!8月21日から10月30日まで長期受け付け中です。

キャンペーン期間
2017年8月21日(月)00:00~2017年10月30日(月)23:59

本キャンペーンは
2017年10月30日(月)23:59をもって終了しました。

11月27日から期間限定で2017年も販売開始



※以下、アーカイブとして残します。

プレゼントキャンペーン申し込み手順

スマホからもパソコンからも申し込み可能です

私はちょうど店舗へ足を運んだ時に店内のPOPでキャンペーンを知りました。なので待ち時間にスマホで申し込みました。

こんな記事を書くと、なにかヤバいものに誘導しているように見えるかもですが、全くもってそんなことはありませんです(笑)

なんならグーグル検索で「日高屋 400店舗 キャンペーン」などで検索してページへ飛んでください。トップに出てくるはずです。

情報(賞品・個人情報など)入力・内容確認・応募!とあっという間に完了できました。

ステップ1:キャンペーントップページにアクセス

キャンペーン会場はコチラ

トップページ下の【応募する】ボタンをタップ。

ステップ2:情報入力➡賞品選択・氏名・住所・アンケートなど

賞品の選択します。そして、当然ですが氏名や送り先の情報が必要になります。私は図々しくも日高屋の金券4,000円をチョイスしました(笑)

理由は当選したらその後の選択肢が一番広がるので。他はお茶ならお茶だけ、ビールならビールで終わりですからね~。

上記の画像以外に月の来店数や人数、動機を選んだりします。もちろん超正確にではなく、雰囲気で答える感じでいいと思います。

ステップ3:入力内容の確認

このように自分が入力した内容を確認します。修正する場合は「修正する」をタップして戻ってください。OKなら下の応募するボタンをタップして、

ハイ!終了です!

※画像では私の情報は削除してますヨ

応募完了!あとは果報は寝て待て!ってことで

なお、厳正な抽選の上、賞品発送をもってかえさせていただきます。(2017年11月下旬頃の発送予定)と記載があります。

そして、キャンペーンサイトにはキャンペーンに関するご注意なるものがかなり詳しく書かれています。一読してみてくださいね。

これは店内のPOPです

宮崎アニメに登場するキャラクターが持っていそうなバッグでかなり気に入っています



キャンペーンの背景

【祝】首都圏に400店舗!次の目標はなんと600店舗!

当初より400店舗という目標があったというのは何かで読んだ記憶があります。

もちろん現会長が開業した昭和48年の「来々軒」創業当時からの目標ではないでしょう。しかしながらオープンから実に44年経過しているんですね。

例えば大学を卒業してからの44年間なら、社会人になってほぼ定年退職までの時間です。そういう意味でも2017年に400店舗達成というタイミングはドラマチックですね。

400店舗というのは日高屋にとって一つのゴールであり、次章の始まりでもあり、お祭りなんですね。お祭りキャンペーン!

めでたい!

簡単に沿革を振り返り

日高屋の沿革

現会長の神田正さんが中華料理「来々軒」を創業したのが昭和48年(1973年)2月。埼玉県大宮市からのスタートですが、年表だけ見るとみるみる成長しているようにも見えます。

平成5年(1997年)3月東京都進出

平成14年(2002年)7月神奈川県進出

平成16年(2004年)9月千葉県進出

平成20年(2008年)7月200店舗達成

平成21年(2009年)11月250店舗達成

平成24年(2012年)2月300店舗達成

平成29年(2017年)9月末直営店舗数は407店舗

そして現在は600店舗構想があるそうです。現在のところチェーン展開は首都圏に限られています。今後どのように広げていくのか楽しみです。

以前に別の記事でも書きましたが、日高屋はサイトでも物件情報を求めています

その条件は決して安い物件を求めていません。

出店エリア
東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県
出店路線
山手線、中央線、総武線、京浜東北線、常磐線、東海道線、私鉄主要路線など
出店駅
乗降数4万人以上
立地特徴
駅前、有力商店街、ビルイン
店舗面積
23坪~40坪

これだけの好立地な場所で運営されている400店舗です。中華食堂をやりながら更に斬新なことができそうですよね。

何らかのステーションにする企画なんかあったらとっても面白そうだと思います。飛躍し過ぎか(笑)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする