【門前仲町】らーめん弁慶の背脂ちゃっちゃラーメンを食べる。

スポンサードリンク
Pocket

たまに食べたくなりませんか?背脂たっぷりのラーメン。俗に言う「背脂ちゃっちゃ系ラーメン」です。東京では1960年にホープ軒というお店から広まったようです。それでは創業40年以上のお店「らーめん弁慶背脂ちゃっちゃラーメン」をいただきましょう。注文名(券売機)は普通に「ラーメン730円」です。

1階は立ち食いオンリー、2階は座って食べられます

注文は券売機から

お店の左端の入り口のサッシの戸を開くと真横に券売機があります。まずはここからお好みのラーメンのチケットを購入してください。

ラーメンは「しょうゆ 730円」「みそ 780円」「とんしお 730円」
こちらのスープは何と言ってもとんこつ。

そしてあっさり系もありました。「支那そば 730円」。
こちらは背脂なしの鶏ガラ・とんこつ です。

他、チャーシュー、ネギなどのトッピングによってお値段が変わります。

ラーメン以外にもギョーザ、つけ麺、チャーシュー丼、キムチご飯があります。

気になるのはミニ丼 210円。券売機だとキムチご飯(小)の下にあります。
てっきりキムチご飯(小)より更に小さいキムチご飯かと思ったら、お値段が一緒の210円。一緒ということは別物。

調べてみたらミニチャーシュー丼らしいです。チャーシュー丼は「小」でも420円なのでその半額です。チャーシューの切り落としなどを使用していてリーズナブルとのこと。

毎回注文するのはしょうゆの「ラーメン 730円」です。今回も例外にもれずいつものラーメンを注文。

店員さんに買ったチケットを渡します。

チケットを買うタイミングで二階で座って食べられますがいかがですか?と勧めらたりします。座り希望であればお2階へどうぞ。

私は2階で食べたことがないのでまだどんな空間なのか知りません。

らーめん弁慶のランチ

しばしラーメン待ちです。訪問時間が14時を超えていたのでお客は私だけでした。お昼時は平日でも行列だったりします。

弁慶のランチタイム(平日のみ)は2段階に分かれています。
11時~15時まではライスが無料、15時~17時麺大盛りが無料です。

これがらーめん弁慶のしょうゆラーメンです

スープの表面にたっぷりの背脂が浮いています。これぞ絶景

お好みによってさらに背脂多めも注文できます

どうですかこの背脂のパンチ力。こってり好きにはもってこい。

脂たっぷりですがスープは意外にもスッキリ感があります。しょうゆ味と言ってもそれほどしょうゆの色は強くありません。スープを飲んだ時の背脂のふわふわ感がたまりません。

持ち上げる中太麺に背脂がいい感じで絡みます。たっぷりのネギやもやしと絶妙のハーモニーです。

その他で紹介されているらーめん弁慶

YoutubeよりSUSURU TV. 浅草本店の紹介です(約4分)

youtubeでラーメン系と言えばSUSRU TV.ですね。「ラーメン」で検索すればチャンネルがトップに出てきます。ナレーションも最近は凝っていて、かなり表現が豊かになっています。弁慶に限らず、初訪問する前にお店を知るには大変参考になります。

歌手の華原朋美さんもお気に入りのようです 門前仲町店

浅草本店ではなく、こちらの門前仲町店にいらっしゃるようです。
オフィシャルブログの写真を見る限り本日私が食べた券売機の前あたりですね。

気になる方はリンクからどうぞ。

「らーめん弁慶」へのアクセス詳細

それでは最後に「らーめん弁慶」の行き方です
地下鉄門前仲町駅の出口は6番出口が一番近いです(エレベーター・エスカレーターあり)。

①赤札堂の前を通って最初の横断歩道を渡りましょう。
(横断歩道を渡らないで歩き進むと道路の向こう側にこんな風に見えてきます)

②横断歩道を渡ると公園があるはずです。

③公園を左に見ながら50mくらい歩きます。そこが弁慶です。

※なんだったら6番出口を出た前の広い道路とそこから見える首都高速の交差する下が弁慶です。

「らーめん弁慶」
営業時間:午前11時~翌朝4時
ランチ:
午前11~午後3時(ライス)

午後3時~午後5時(麺大盛り)
所在地:江東区深川1-1-8
電話:03-3820-8002
定休日:年中無休
アクセス:東京メトロ東西線/都営大江戸線
門前仲町駅6番出口 徒歩3分

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする